OmniFocusと Evernote の使い分けを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タスクの管理を「OmniFocus」と「たすくま」で行っています。

オムニフォーカスの良いところはプロジェクト単位で管理出来る所タスクをの並び替えが簡単なところ。
使いやすさから思いついたことをどんどんと打ち込んでしまいます。忘れる前に記録できるのはいいことですが、タスクに落とし込めていないことがタスクと混ざってしまいがち。
オムニフォーカスの使い勝手が下がるので、整理することにしました。

タスクに落とし込めていないことはEvernoteに書き込む

雑多なプロジェクトばかりだったOmniFocusがスッキリしました。

Evernoteは自分の投稿とネットのキャプチャーを分別する

Evernoteも散らかっていました。Evernote には自分が大事だと思う情報を残してあります。

ネットのキャプチャーや自分が考えた事アイデアなどを残しています。しかし、自分がしたことと誰かの記録をがごちゃ混ぜになると検索し辛くなります。そのため、自分の投稿とネットのキャプチャーを分別することにしました。ネットのキャプチャーというプロジェクトを作り、その中でカテゴリ分けをします。

キャプチャーした生地というものはその時は大事だと思っても、後で見直すと入らなくなるという記事がほとんどなのでこのように見る場所を絞っておくのは大事だと思います。

Evernote のオムニフォーカスもメンテナンスが大事!

Evernote もオムニフォーカスも散らかりっぱなしだとどんどん作業効率が下がるので時々クリーンアップしてあげる必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください