5年前Yahooオークションは月額利用料があり取引が面倒だった…

Yahooオークションを以前はよく利用していました。
Yahooプレミアム会員になり月額利用料300円ほどお支払いながらオークションを行っていました。発送の面倒くささに耐えつつ出品。

出品する物が無くなると、月額利用料の支払いを止めるためYahooプレミアム会員を退会。そのままYahooオークションを利用する機会がなくなりました。

久しぶりにヤフーオークションを見てみると、出品も落札も月額利用料は無料になっていました(取引手数料はかかりますが)。これは嬉しい変化です。

今回出品してみて「今だったらヤフオクを再開してもいいな」と思いました。
そう思わせる大きな変化が二つあります。

1.落札者の振込みを確認する必要がなくなった

今では出品者と落札者のやり取りはYahooの取次ナビを中継して行なわれます。

落札者が振込みをしたかどうかをYahooが確認し、「出品者さん発送してくださいね」と連絡が来るようになりました。送るタイミングがわかりやすい。

また、出品者が発送してから金額が振り込まれるという流れになっています。
「振込させといて商品を送らない」といったズルを出品者ができなくなったので、お互いにとってウィンウィンなシステムに変わったと思います。

以前は出品者と落札者が直接やり取りをしていました。
そのため出品者自身が振込口座を確認しなければならず、面倒がつきまとっていました。これが解決したのが大きいです。

2.宛先を手書きする必要がなくなった!

落札者が振込みを終えるとヤフーからQRコードが送られてきます。(ゆうぱっくでの発送設定の場合)
郵便局に行くとこのような読み取り装置があり、QRコードをかざすと宛先伝票が印刷されます。

この伝票を持って窓口に梱包した商品ごと渡せば発送が完了です。
送料はYahooに登録した口座から引き落とされるそうです。そのため郵便局でも現金のやりとりがありませんでした。

この仕組みを体験して「楽になったなぁ!」とつくづく感じました。

今までは落札者から宛先の住所氏名、電話番号を送ってもらい、それを伝票に手書きをしていたからです。それが商品を梱包するよりも面倒に感じてました。
「名前、住所に間違いはないか ?」という心理的な疲れと、自分の住所を書く必要があるからです。発送するたびに書いていると疲れたものです。

現在はプライバシー設定ができるようになり、出品者に落札者の住所を明かさずに商品のやり取りができるようになっています。
今回私が印刷した送り状には住所が書かれていません。これもいい仕組みですね。

商品の発送が手軽になったので、これからヤフーオークションを利用する機会が増えるかもしれません。

いい世の中になってきますね。