@神奈川

J.S. STEAK STAND FROM KAMAKURA プレオープン!300gステーキで大満足。

先日投稿しましたが、2017年8月16日に「J.S. STEAK STAND FROM KAMAKURA 」が開店します。
参照:J.S. STEAK STAND プレオープン前日の様子

8月13日〜15日まではプレオープンしてるとのことなので、早速行ってきました!

詳細情報

開催場所 J.S. STEAK STAND FROM KAMAKURA
〒248-0006 神奈川県 鎌倉市 小町1-4-18
休業日 (未確認)
開店時間 11時〜22時 (L.O 21時30分)
電話 0467-22-2801

鎌倉駅からは徒歩2分です。
「J.S. BURGERS CAFE 鎌倉店」と並んでいるので目立ちます。

店内のようす

開店の11時前に店前を通ると既に行列ができていました。J.Sシリーズは人気ですね。

店員が店前に立ってお客さんを呼んでいました。
その声に呼ばれるがままに店内に入りますと、まずは入ってすぐ右手の券売機でチケットを購入します。

デジタル表示の画面をタッチしてメニューを選びます。
STEP1:肉の部位を選びます。
STEP2:かけるソースを選びます。RED HOT ARRABIATAが特別辛いとのことです。
STEP3:トッピングを選びます。ポテトやほうれん草、バターコーンなど2種類を選びます。
STEP4:ドリンクを選びます。なしでもOK。

メニューはこちらです。

私は、CHUCK EYE ROLL300gを醤油ソースで(STANDAD STEAK SOY SAUCE)
付け合せは、ほうれん草とバターコーン(1380円)。飲み物はジンジャエール(140円)を注文しました。
税込で1630円。

店内は中央に4人で囲めるテーブル席が2つ、壁側に一列並ぶ席があります。

壁側の席に着席して待ちました。

待望のステーキ!

ジンジャエールを先に飲みつつ、待つこと7分ほど。
背中からジュージューとシズル音を立てながらステーキが運ばれてきました。
熱々の鉄板は紙に囲われた状態で目の前に置かれました。

「それでは仕上げにソースをかけます」と店員。
醤油ソースがステーキにかけられ、鉄板に流れた途端にジュワッ!と油と湯気が立ち上ります。
なかなか蒸気が止みません。焦らされますが、食欲が沸いてきます。

油ハネが無くなったくらいで紙の囲いを外します。
壁からナイフとフォークを取って「いただきます!」。

外見は網模様の焦げ跡が付いていますが、ナイフで肉を一口分だけ切ってみると、
断面は赤く、肉汁が流れないくらいにほどよく火が通っています。
柔らかく噛むごとに肉汁が出て旨味を感じます。

300gの注文で10mm厚のステーキが二切れも!大したボリュームです。
「肉を食べている!」という実感に包まれて至福のひとときでした。

CHUCK EYE ROLLを注文したけど、牛のどこの肉なのだろう?
英単語からすると、CHUCK=閉じる、EYE=目、ROLL=塊で「目のまばたき筋肉」?
検索すると「肩ロース」だそうです。


参照:なかまちジョージ料理のおはなし

プレオープンということで、料理を頂いたあとにアンケートを渡されました。
店員の仕事慣れしていない接客が新鮮ですね。

トイレチェック

トイレに入ると便座カバーが自動に上がります。
この機能はお気に入りで、心地よいサービスに感じます。

開店直後ということで店内もトイレもピカピカ!

一角に隣のお店J.S.BURGERS CAFEのチラシが置いてあります。控えめな主張ですね。

ハレの日の外食として利用したくなるお店です。

お得情報

お店前で店員が配布している、または店入口に置いてあるチラシを持っていると、
ソフトドリンクがサービスされます。と下図の右下に書かれています。
(私は知らずに普通に買ってしまいました…。皆さんは忘れずにご利用を)

J.S. STEAK STAND プレオープン前日の様子

2016年に鎌倉東口のミスタードーナッツ跡地に開店した「J.S. BURGERS CAFE 鎌倉店」。
2017年8月16日にそのとなりに「J.S. STEAK STAND 」が開店します。

<2017-08-13追記>
プレオープンに行った記事はこちら。
J.S. STEAK STAND FROM KAMAKURA プレオープン!300gステーキで大満足。

開店前の13日〜15日までプレオープンするそうですよ。
下の写真の中央に書かれています。

メニューです。
鎌倉ではあまり見ない肉厚写真!ソースを選べるのが良いですね。

ガラスの向こうに店内を覗けます。
「J.S. BURGERS CAFE 鎌倉店」の店内に似てレンガ調のようです。

明日は11時開店です。プレオープンから楽しみに行きましょう!

 

 

 

【Y】黒地蔵盆 覚園寺で真夜中の縁日!

7月頃から街の掲示板にこのようなチラシが貼られていました。

「8月10日午前0時〜正午まで 盆供養 黒地蔵縁日」

「午前0時〜正午」という時間帯が目に留まりました。真夜中にする縁日?
興味を惹かれて行ってきました。

詳細情報

開催場所 覚園寺
〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂421
開催日 毎年8月10日
開催時間 0時〜12時
入館料 無し

覚園寺は鎌倉駅からは徒歩40分。
車を利用する方は、コインパーキングが何箇所かあるので駐車できると思います。
鎌倉を知っている方は、鎌倉宮間近の駐車場に駐車したくなりますが当日は満車になっていました。

道中のようす

覚園寺までの道順はとても簡単です。
鎌倉宮の鳥居の前を左折して、ゆるい坂をまっすぐに登っていくだけです。

道中にはこのような看板とぼんぼりがあるので迷うことはないでしょう。

真夜中にもかかわらず道行く人は多く、皆が覚園寺を目指して歩いて行きます。

覚園寺が見える辺りまで行列ができていました。
ざわざわとした熱気を感じます。

覚園寺正面までくると、厳かな雰囲気に包まれます。

境内のようす

黒地蔵縁日とは何でしょう。

黒地蔵尊が亡くなられた方々へ私たちの気持ちや願いを運びとどけてくださる縁日として施餓鬼法要がおこなわれます。

施餓鬼とは、亡くなられたご先祖様、ご家族、知人友人の霊だけでなく、縁もゆかりもない霊も含めて万霊を供養することです。 参照:覚園寺黒地蔵縁日

この日だけ拝むことができる黒地蔵とは、

黒地蔵(木造地蔵菩薩立像」と呼ばれています(国重文)。
地獄の罪人の苦しみを少しでも和らげようと鬼(獄卒)に代わって火を炊いたため「黒くすすけている」という伝説が残されています。
何回彩色しても元に戻ってしまうことから「黒地蔵」と呼ばれるようになりました。
火を焚いたことから「火焚き地蔵」とも呼ばれています。参照:鎌倉手帳

黒地蔵尊は六道を廻って人助けをしているため忙しいそうです。
そのため、早朝ならここに来れるとのこと。

六道とは

六道(ろくどう、りくどう)とは、仏教において迷いあるものが輪廻するという、6種類の苦しみに満ちた世界のこと。参照:六道

境内に入ると蓮が活けてあり、灯籠が社までの道を作っています。

金細工で作られたこの灯籠は、ろうそくの熱で回転して輝いていました。

境内奥に入り、階段を上がって社務所に向います。(※境内奥は写真撮影禁止)
午前0時を過ぎた頃に、般若心経が聞こえてきました。

坊主が20人が一列になって歩みます。
黒地蔵尊地蔵堂を囲んでお経をあげ、次に十三仏やぐら、恩惠薬師、薬師堂へと歩んで行きました。
般若心経が響く境内は厳かな空気に包まれます。

黒地蔵尊地蔵堂の正面に大香炉があり、参拝者の焚くお線香が満ちています。
地蔵堂の回りは木から木へと五色の布で彩られ、彩り豊かです。

ここで見た五色の布は、緑、黄、赤、白、紫。

青 – 如来の毛髪の色で、心乱れず穏やかな状態で力強く生き抜く、定根(じょうこん)・禅定(ぜんじょう)を表す

黄 – 如来の身体の色で、豊かな姿で確固とした揺るぎない性質、金剛(こんごう)を表す

赤 – 如来の血液の色で、大いなる慈悲の心で人々を救済することが止まることのない、精進(しょうじん)を表す
白 – 如来の仏歯の色で、清らかな心で諸々の悪業や煩悩の苦しみを清める、清浄(しょうじょう)を表

樺 – 如来の袈裟の色で、あらゆる侮辱や迫害、誘惑などによく耐えて怒らぬ、忍辱(にんにく)を表す

日本で旧来から用いられている仏旗の色は、青が緑、樺が紫である。参照:五色 (仏教)

五色の布に触れるとご利益があるんだよ、と言う方が隣にいました。
混雑した中で手を伸ばして五色に触れようとする方も。
気になって見てみると、布の端がすでによれよれになっていました。

黒地蔵尊を拝むまでは40分ほど。
お線香の煙、五色の布、灯籠のゆらぎを見たり、先祖のことを考えていると短い時間でした。

参拝を終えて縁日を楽しむ

参拝後は境内入口の縁日で食事ができます。
パラダイスアレイ、井上蒲鉾、井上、凛林、鎌倉いとこなど、鎌倉の名店が出店していました。

井上さんで味噌汁を頂きました。
ただでさえ暑い時期にあつあつの味噌汁を食べると、眠気が飛んで小腹が満たされて爽快です。
どのお店も優しい価格で居残りたくなります。

縁日というと、射的やくじ引きや大判焼きなど遊び場を想像します。
参拝してから縁日を楽しむ、これが本当の縁日なのだと思いました。

朝に参拝するとおかゆを頂けるそうです。
来年の8月10日も参拝しましょう。

8月10日は「鳩の日」 豊島屋が大判振舞いしています!

鎌倉のおみやげといえば鉄板の鳩サブレーです。
鎌倉駅東口を出れば「扉」で鳩サブレー、二の鳥居では「置石」で鳩サブレー、段葛を歩けば「豊島屋」で鳩サブレーが販売されています。

そんな鳩サブレーにとって、8月10日は特別な日です。なぜなら、810=ハトの日だからです。
まずは豊島屋 本店に行ってみました。

豊島屋の情報

開催場所 豊島屋 本店
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2丁目11−19
休業日 水曜日
開店時間 9時〜19時
電話 0467-25-0810

豊島屋 本店のようす

8月10日は、豊島屋の店前ではっぴを着た店員が宣伝していました。

鳩サブレーを割引で買えるのは鳩の日だけ!

鳩の日の特別商品は写真下部の「ポーチ入り鳩サブレー」
このポーチを持ち歩いている方がいたので人気商品のようです。

豊島屋洋菓子舗 置石の情報

開催場所 豊島屋洋菓子舗 置石
神奈川県鎌倉市小町2-15-5
休業日 水曜日
開店時間 10時30分〜18時30分
電話 0467-22-8102

鎌倉駅からは徒歩4分。
段葛、二の鳥居と目立つ場所にあるので見つけやすいです。

豊島屋洋菓子舗 置石のようす

豊島屋の別店「置石」ではアイスクリームを販売しています。
こちらのお店の目玉商品の置石ミックス380円が300円で食べられます!

店舗入口の雰囲気です。
アイスクリームは店内に入らず、左側のカウンターで注文、受取をします。

置石ミックスを注文!
コーンの上にアイスクリームを練り上げていくのはよく見るけれど、ちょっと違う。
粉末のようなものを混ぜている。まさか、豊島や名物のあれですか…?

置石ミックス!
尖るように巻き上げた頭が、鳩のようですね。
全体にフレークがまぶしてありますが、これは鳩サブレー。サクサクとした食感が楽しい。
コーンが大きめなのでボリューム感があります。

8月10日に特別なことをしているのは、豊島屋か誕生日の方くらいでは?
来年もこの日を楽しみにしましょう!

【Y】御霊神社 納涼盆踊り で踊ってきました!

御霊神社では毎年7月に盆踊りが開催されます。
江ノ電が神社の鳥居前を通ることで、皆さんも写真で目にしたことがある神社かもしれません。

御霊神社 納涼盆踊り

2017年は7月28日、29日に開催。
28日は納涼盆踊り。
29日は納涼盆踊りと、花と緑の抽選会が開催されます。

花と緑の抽選会とは、お花の富くじ。
番号を読み上げられた人が大きなお花や苗を頂ける、大盤振る舞いなお祭りです!

(看板を撮影しておらず、暗い写真しかありませんでした)

お祭り当日

御霊神社までの道がぼんぼりに照らされて、明るい道が出来ていました。

神社の目の前を江ノ電が走るので、踏切には警備員が数名いました。

鳥居をくぐると、ほっとする空気に包まれました。

子どもが駆け回って遊び、母親は友人とのお喋り。
地元のおじさんがマイクでお祭りの進行をしています。

このお祭りには露店はありません。集まって楽しむ場所。
提灯の下をシャボン玉が舞うのが毎度のこと。これだけで飾りは十分です。

盆踊りの曲が流れてきました。
子どもたちが整列してソーラン節を踊り始めました!

盆踊りの定番曲が流れて皆が踊りはじめました。
きよしのズンドコ節、新・東京盆踊り、など初めて踊るには難しい物もありました。

子どもも大人も踊っている神社のひととき。ここから見える景色と音が癒やしです。

植物は明日の花と緑の抽選会の景品。シクラメンやあじさいなどが山ほどあります。
近所の生花店が提供しているのでしょうか。奥さん大喜びですね。

お祭り中は御霊神社の本殿は立ち入り禁止になっています。

 江ノ電が通過したときに撮影しました。祭りの明るさには江ノ電も霞んでいますね。
盆踊りをするための気持ちよいお祭りはここにあります。

※29日は花と緑の抽選会が開催予定でしたが、大雨が降り開催されなかったようです。
翌日に延期とありましたが、開催されたのでしょうか?

【Y】司馬遼太郎展「21世紀”未来の街角”で」で新撰組に会う

横浜そごう美術館で開催中の【司馬遼太郎展「21世紀”未来の街角”で」】に行ってきました。
受付入口から司馬さんの大写真とキャッチフレーズ。「司馬さんにあう。本にあう。」

以前この会場で「生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 ~ムーミンと生きる~」など、興味をそそられるものが展示されていました。おもしろいものに出会える美術館です。

詳細情報

開催場所 横浜そごう美術館
〒220-8510
神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店 6階
開催期間 2017年6月2日(金)〜7月9日(日)
開館時間 10時〜20時
入館料 大人1000円、大学・高校生800円
中学生以下無料

入場料は、そごうカードを持っていると200円引きされます。

私はそごうカードの会員ではありませんでしたが、チケットカウンターのお姉さんに案内で会員になりました。年会費がかからず、そごう美術館が割引になるから納得の入会。
チケットカウンターは美術館入口にあるので、そこで話をするとその場で手続きができます。

美術館のようす

館内は空いていて、一つの展示品を一人でじっくりと見れました。
代わりばんこに見れるので、人が去るのを待つことはありませんでした。

美術館に入口までは写真撮影がOKなので、2枚だけ撮影しました。
こちらは入口の写真。受付前の物はカラー写真でしたが、美術館入口ではしっとりとした色合いになりました。本の世界に入っていく準備ができます。

この壁は新聞に掲載された連続小説を並べたもの。
角を曲がった向こうまで続きます。
今回貼り出した新聞でも一作品。つまりは一部分…。司馬さんの執筆量に圧倒されます。

会場では司馬さんの原稿、新聞掲載時の挿絵の原画のほか、小説に登場した人物の歴史的資料も展示されています。
大阪城天守閣が特別協賛しているため、明智光秀の肖像画、大坂夏の陣配陣図などが展示されています。
配陣図は3畳ほどの大きな地図に自軍と敵軍の配置が描かれています。
各団の指揮官の名前が墨筆で細かく記され、これを囲んで作戦会議している様子を想像してしまいます。

「燃えよ剣」から、新撰組の品が展示されていました。
沖田総司が送った年賀状、土方歳三の生家の薬売りの荷台。

土方歳三が稽古で着ていた道着も展示されていました。
背中に漫画ワンピースのような歪んだドクロが刺繍されていたことに微笑んでしまいましたが、
これは「常に死を覚悟して臨む」ために土方の妻が縫ったものだと後で知りました。

坂本龍馬が朱色の墨で裏書きしたという手紙など、他にも貴重な資料が並んでいます。

多くの歴史的資料を見て感じたことはひとつ。
坂本龍馬、土方歳三、沖田総司が触れたものが今もあるということ。それがただ嬉しいです。

今まで興味がなかった歴史が、司馬遼太郎の著作を通したおかげで身に入り込みました。

2017年の鎌倉海の家を見てきました

由比ヶ浜海岸の海の家!

鎌倉の夏といえばここですね。
出店が毎年違うので、今年の様子を見てきました。

撮影日は7/2。
海開きをしたので、水着のお姉さんがキャッキャしている光景が始まってる!
と思うかもしれませんが、

 

IMG_0779

砂浜はとても静か…。海の家も約半分が建設途中です。

海の家の一覧は由比ヶ浜.comで情報公開がされるそうですね。
現在はまだ公開準備中のようなので待ちましょう。(2017/7/4現在)

nanana Marina

由比ヶ浜でも坂の下方面のカフェ。ボーダーの外観で目立ちますね。
IMG_0769IMG_0770

Sabon Beach House

こちらは建設途中。女性向けのパウダールームを準備してあります。
大人2,500円、子ども1,500円でシャワールームとロッカーを終日利用できるのは嬉しいですね。作りが綺麗です。

IMG_0771IMG_0772

AISEKI Beach House

道路から見て驚いた1件!相席居酒屋の出店です。
海の家との相性がバツグンに良いと感じるのですがいかがでしょう?

※2017/07/29追記
鎌倉市の要請によって出店の取りやめになりました。現在はこの看板もありません。
ここまで作ってから出店中止は酷ですね…。

IMG_0773

Vespa

屋根が広めに作られているので、落ち着けそうですね。

IMG_0775

earth water

広々としたテラスが印象的。

IMG_0776

パパイヤ

海の家の常連のお店です。ザ・海の家と感じるのは、砂浜をそのまま利用しているからですね。板張りにするのとしないのでは、好みが分かれそうです。

IMG_0777

スミノフBBQガーデン

スミノフガールが出てきそうです。海で泳いだ後にキンキンに冷えたスミノフが飲みたい!

IMG_0782

タイ村

こちらも常連の海の家です。美味しい海の家のカレーを頂けますよ。

IMG_0784

真夏のライオンキッチン

気になるお店2件目。新日本プロレスの海の家!
お店の前には身体が一回り大きいレスラー3人でお客さんを呼んでいました。
看板のオーディションが何を指しているのか気になります。ここは行きたい。

IMG_0809

IMG_0786

かまくら茶屋

昔ながらの海の家の雰囲気。腰掛け高の

IMG_0787

MOVE LOUNGE powered by MEVIUS

豪華な気分を味わうならここでしょうか。非喫煙者の私は入る勇気がありません。

IMG_0788

由比ヶ浜監視所

海水浴場の安全を守る監視所です。今日は台風3号の上陸前日のため、海が荒れていました。
海辺で遊ぶ方はいましたが、腰深まで浸かるのは危険そうでした。
こういう時は監視所に黄色い旗が立ちます。

IMG_0789

IMG_0803

IMG_0791

Ray’s Chicken

黄色い傘が印象的なお店。腋では鳥の姿焼きがくるくると回って炙られています。

IMG_0795

LIFULL HOME’S

気になるお店3件目。ここでホームズが何を案内するのでしょう?
ミスマッチに感じましたが、海の家は宣伝効果が高いとか。

IMG_0796

avex beach paradise

見たまんまライブ会場見たくなりそうですね。

IMG_0797

OTODAMA BEACH TERRACE

2016年はOTODAMA SEA STUDIOは由比ヶ浜にてライブ演奏がされていました。
今年は三浦に移動しています。
由比ヶ浜はOTODAMA BEACH TERRACEとしてビーチレストランを開店しています。

IMG_0799

Malibu Beach bar

IMG_0800

BELTA Bar Resort

IMG_0801

以上で紹介を終わります。
建設中のお店が多いです。工事期間は梅雨が明けるまでなのでしょうね。
開店が済んでいるお店は今のうちに遊びに行くとのんびりと楽しめそうです。

これは何を作るのか?

IMG_0802

まだ閑散とした海ですが、賑やかになるのはあっという間!
夏の本場が楽しみです。