PHILIPS SONIC CAREで電動歯ブラシデビュー。使い心地が良い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯は一生使い続けるものなので大事にしていきたいもの。
年をとっても自分の歯があるというのは、健康に生きる上でとても大事だそうです。
高齢の方が歯一本あたり1億円くらいの価値を感じる、という記事を読んで「歯を大事にしなくては!」と思い、歯磨きを見直すことにしました。

今までの歯磨き

YouTubeを見ながら20分ほど歯を磨いていました。親知らずが生えている奥歯は念入りに磨くようにしていましたが、雑な歯磨きです。
タバコは吸わないので黒ずみは少ないですが、お茶や珈琲の色が沈着して茶色くなっている部分が気になります。これは長い時間磨いても取れません。
普段からちゃんと磨いておけばよかったと早くも後悔をしました。歯磨きだけでももう少し綺麗にしたい。そのためにどうすればいいのでしょうか?

PHILIPS SONIC CAREを購入

そんな時に知ったのでは電動歯ブラシでした。音波振動式回転式があるということを知りました。
電動歯ブラシで効果がありそうに感じたのは回転式でしたが、本体価格が少しばかり高価なのとアタッチメントが特殊なように感じたため、まずは使いやすそうな音波振動式を購入することにしました。

PHILIPS SONIC CAREは機能が一つでシンプルなためお手頃価格。ブログなどでレビューを読むと、歯が白くなったという報告や、歯がきれいで歯医者から褒められたと言う記事が多くありました。費用対効果が高そうだと判断して購入決めました。

本体と交換歯ブラシ6本付きを購入。
交換歯ブラシは「歯が白くなった」という記事があったダイヤモンドクリーンブラシヘッドにしました。純正だと高価なので廉価版にしました。

使用感

電動歯ブラシ自体を初めて使うので比較はできませんが、非常に良い良いものだと感じます。

歯の表面を2分、裏面を2分かけて磨くのがモデルとして作られています。
30秒ごとに表面の右上、左上、右下、左下と磨きます。30秒ごとに一瞬振動が変わって知らせてくれます。2分経つと自動的に止まります。

磨き方に慣れていないので、最初は10回くらい押して磨きました(2分x10セット)。ブラシがどこに当たるのかわからないので、鏡を覗きながら磨きました。
長時間歯磨きすると唾液が下に溜まってきます。普通のブラシなら口を閉じたままで磨けるので良いのですが、慣れていない電動の歯ブラシでは口を開ける必要があるため少し面倒です。2分x2セットで磨けるようになればこんな悩みもなくなるのでしょう。

高周波での振動で歯を磨くというのは振動が強過ぎないかと不安でしたが、くすぐったい程度のもので不快感はありません。
前歯の歯間の茶色く染まっていた部分に当てると、少しばかり茶渋が薄くなったように感じます。歯の段差に溜まってしまった汚れは、このブラシだけで削り取ることができるだろうと感じています。
ホワイトニングや、歯のクリーニングをしなければ取れないと悩んでいた汚れに効果があったのが嬉しいです。

PHILIPS SONIC CAREは振動の仕方が一種類で大変シンプルです。
他の振動モードは必要なのか?と思ってしまいます。高機能なものには弱振動にできるそうですが、弱振動にしたい時があるとしたら、普通の歯ブラシで磨けばいいんじゃないか、と思ってしまいます。

使い続ければ歯の汚れはだいたい解決しそうです。いい買い物をしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください